友人葬の費用と内容、流れ

友人葬とは一般的に創価学会特有の葬儀のことを指し、故人や喪主が創価学会員である場合に友人葬が行われます。基本的には学会員が参列しますが、学会員の方以外も参列できます。通常の仏教式の葬儀と異なる点がありますが専用の葬儀場などがあるわけではないため、一般的な葬儀場で執り行われます。

本記事では、創価学会の葬儀である友人葬について、学会員以外の方が参列するために流れが知りたい場合や、学会員の方でも流れや費用感を確認したいという人向けに書いています。

これだけは押さえておきたいポイント!
  • 仏式との違いはお坊さんを呼ばないこと、友人代表が導師を務める、香典は不要、数珠は独自のものを使用することが挙げられる

一般的な仏式葬儀との違い

友人葬では通常、葬儀にお坊さんを呼ばず、加えて戒名もつけません。友人葬では、友人代表が導師となり、読経などを行います。つまり全てを学会員で執り行うことが友人葬の特徴となっています。ただし、地域の文化や慣習にならうことは問題ないとされており、地域ごとの特色を取り入れることは可能です。

また仏教式では白木の祭壇を使いますが、友人葬では樒祭壇(しきみさいだん)が一般的となっているのも異なる点です。

友人葬の流れ

友人葬は、司会による開式の時から始まり以下の手順で一般的には進行します。

読経・唱題・焼香

導師が中心となって法華経の方便品と寿量品の自我偈の読経を行い、南無妙法蓮華経と題目を唱えます。また自我偈が始まると同時に焼香が始まり、一般的には導師から始まり、副導師、親族、参列者の順番で行います。

御祈念文・題目三唱

焼香が終わると導師が鈴を打ち唱題の終わりを知らせます。その後は導師が追善供養の祈念を行い、最後に参列者全員で題目を三唱します。

弔意文・弔電紹介・導師挨拶

通常は弔意文・弔電を紹介した後に導師の挨拶ですが、場合によっては弔意分を導師の挨拶と一緒に行う場合があります。

謝辞・題目三唱・閉式の辞

喪主や親族代表からの謝辞が行われ、次に導師の鈴に合せて参列者全員で題目を三唱します。三唱が終わると司会が閉式の案内を行います。

告別式と出棺

告別式が終わると全員で唱題しながら棺にシキミなどを納めながら最後のお別れの儀式を行います。出棺の際は男性の近親者が霊柩車に棺を納め、最後に喪主からの挨拶があり出棺となります。

友人葬の費用相場

友人葬の費用は規模にもよりますが一定数以上の参列者を呼ぶのであれば40万円~程度の費用は必要です。ただし、友人葬ではお坊さんがいないため読経や戒名のお布施が必要ないので、その分の費用は抑えられますが、一方で香典を受け取らないため香典を葬儀費用に充てることができません。

友人葬の法事法要

友人葬では四十九日や一周忌といった年忌法要を行いません。ただし、やってはいけないというわけではなく普段合わない親族と集まって故人を偲ぶ場として行う方もいます。

友人葬の注意点

友人葬は専用の葬儀会場があるわけではないので一般的な会場で行います。ただし、別宗派の寺院などでは宗教の違いで断られる可能性があります。

また友人葬では創価学会独自の数珠を使いますので、学会員ではない場合は自分の数珠は持って行かないの方がいいでしょう。

葬儀ノートの記事・機能一覧