焼香のやり方(作法とマナー)

この記事は『葬儀のマナーと基礎知識』に関する記事です

これだけは押さえておきたいポイント!
  • スタンダードな作法は右手の親指、人差し指、中指で香をつまんで、右手で香炉に一回落とす
  • 焼香前後の遺族や祭壇への一礼は忘れずに
  • 宗派によって違いがありますが、分からなければスタンダードな方法で

焼香は、テレビのドラマのワンシーンや実際に参列した葬儀での経験から「焼香」がどういったことをするか、なんとなくのイメージがある方が大半だとは思います。ただ、どういった手順が必要なのか、守るべき作法やマナーはあるのかということは、案外知っている人は少ないのではないでしょうか。そこで本記事では、焼香のやり方について解説しています。

焼香とは

焼香には仏に対する敬意を表すとともに、その香りによって自分の身を清めるという意味があります。また、実は自宅で仏壇に線香をあげるのも焼香の一種なので自宅に仏壇がある場合は日常的に焼香をしていることになります。

焼香の流れと作法

自宅で線香をあげるのであれば作法は気にする必要はありませんが、葬儀や法要など人が集まって行われる儀式では最低限の作法について知っておく必要があります。

まず焼香の順番は故人に近い立場の方から行っていきます。自分の番になったら前に出て、まず遺族に一例します。その後焼香台まで進み、祭壇に向かって一礼します。この時、読経をしている僧侶にも一礼しましょう。そして香を親指、人差し指、中指の3本でつまみ、香炉の中に落とします。これは右手で行うようにします。その後祭壇に向かって手を合わせ一礼。終わったら遺族にも一礼をしてお焼香は終了です。

宗派による焼香の違い

厳密には焼香の作法は宗派によって異なります。
真言宗、日蓮正宗では香を指でつまんだ後、その手を目の高さまで持ち上げます。その後に香炉に香を落とし、同じ動作を3回繰り返します。日蓮宗、臨済宗でもつまんだ香を持ち上げますが、1回しか行いません。

浄土真宗では、つまんだ香をそのまま香炉に落とし、回数は1回です。
曹洞宗は少し複雑で、1回目はつまんだ香を目の高さまで持ち上げた後に香炉に落とします。そして2回目は持ち上げずに香炉に落とします。合計2回行うことになります。

その他、浄土宗や天台宗では、特に作法が決まっているわけではないので回数などは自由ですが、1回にする方が多いようです。また、もし故人の宗派がわからないという場合は、回数を1回にしておくほうが無難です。

立礼と座礼の違い

これまで解説した作法は立礼という立った状態で行う焼香のことですが、葬儀場によっては座ったまま焼香を行う座礼の場合があります。基本的には立礼とやり方は変わりませんが、遺族や祭壇への例は座ってから行います。移動のために立ち上がったまま礼をすることは避けましょう。

この記事は『葬儀のマナーと基礎知識』に関する記事です

葬儀のマナーと基礎知識の人気記事一覧

葬儀・通夜・告別式の服装
この記事では葬儀・通夜・告別式の服装やマナーについて解説しています。喪主や親族、参列者といった立場別や男女や子供といった性別などの違いについても解説しています
公開日:2018/04/16更新日:2018/04/16
この記事を見る
お葬式の花について|供花・花輪・生花・献花の違い
この記事ではお葬式に使われる供花・花輪・生花・献花の違いや、手配方法、マナーなどについて解説しています。
公開日:2018/04/17更新日:2018/04/17
この記事を見る
喪主の決め方と役割
この記事では喪主はどのように決めるのか、喪主になるとどのようなことをしなければならないのかなどを解説しています。
公開日:2018/04/23更新日:2018/05/04
この記事を見る
戒名とは?ランクごとの相場や注意点
臨終を迎え、菩提寺のある方や仏式の葬儀を希望する場合は僧侶とのやりとりが発生しますが、この際に戒名についても相談することになります。本記事では戒名の意味や宗派ごとの違い、相場、注意点などについて解説しています。
公開日:2018/05/08更新日:2018/05/08
この記事を見る
葬儀ノートの記事・機能一覧