お葬式でお坊さんに渡すお布施の目安(読経料・お車代・ご膳料・戒名料)

この記事は『葬儀に関連した費用と内容』に関する記事です

これだけは押さえておきたいポイント!
  • 葬儀の際のお布施の相場は地域にもよるが10~50万円と幅がある
  • 最近では定額制の僧侶手配サービスが話題になっている

引越しなどで近くに親族や付き合いのあるお寺がない方が増えてきたことでお布施の相場が分からない方が増えてきています。本記事では、お布施についての相場や地域別の違いについて解説しています。

葬儀のお布施とは

一般的な仏式の葬儀を行う場合、僧侶から戒名の授与や、通夜や葬儀・告別式、初七日の読経などを行ってもらいます。この戒名の授与や読経に対する気持ちとして僧侶に渡すお金がお布施です。感謝の気持ちなので本来は決まった金額はないのですが、近年では寺院や地域ごとに相場がある場合や、最初から明示されている場合が多くなっています。

葬儀のお布施の相場は?

菩提寺がある場合は親戚や身内などでお布施を渡したことのある方に聞きましょう(※親族に知っている方がいない場合は寺院の事務局などに直接訪ねて構いません)。また、菩提寺は先祖代々の付き合いである場合も多いので、どうしてもお金に困っているときは融通してくれる場合もあります。ただし、菩提寺があるのに安いという理由だけで他の僧侶に依頼するとお墓や地域の付き合いでトラブルになる場合がありますので注意が必要です。

菩提寺がない場合は、近隣の寺院や葬儀社に手配を依頼します。その場合の相場10~50万円程度になる場合が多く地域や葬儀の内容によって異なります。日本消費者協会が行っている第11回葬儀についてのアンケート調査(2017年)によるとお布施の地域別相場は、北海道は33万円、東北の青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県は60万円、関東のうち千葉県・群馬県・茨城県・栃木県は54万円、東京都・神奈川県・埼玉県は50万円、中部地方のうち新潟県・富山県・石川県・福井県は42万円、愛知県・静岡県・岐阜県・長野県・山梨県は65万円、近畿の大阪府・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県・三重県・兵庫県は46万円、中国地方の鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県は42万円、四国の徳島県・香川県・愛媛県・高知県は39万円、九州の福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県は29万円となっていますので参考にしてください。

また最近では僧侶の手配サービスが話題になること増えて来ましたが、葬儀での読経は火葬のみのお葬式の場合は5万円程度、通常のお葬式で15万円程度が相場となっています。

お布施の渡し方やタイミング

式の前に僧侶の方に挨拶するタイミングがありますので、その際にお渡しするのが一般的です。

通常は葬儀会場の運営を取り仕切っている葬儀社が、到着した僧侶を控室に案内して適切なタイミングで喪主が挨拶するタイミングをセッティングしますので待っていれば問題ありません。もし、タイミングが合わず式前に挨拶ができなくても、お布施を渡すのは式後でも構いません。お布施を渡す際は「本日は(故人様のお名前)のためによろしくお願いいたします。」と言います。

お布施の包み方や封筒の書き方(表書き)

お布施は手渡しではなくお盆に載せて渡します。正式には切手盆と呼ばれる黒い盆に置くのが良いとされますが、葬儀は急なことなので通常の盆でも構いません。葬儀会場などであれば葬儀社が用意してくれたりもしますので、まずは相談しましょう。

葬儀のお布施に含まれているもの

葬儀の際に渡すお布施には読経料、戒名料、ご膳料、お車代があります。

読経料

読経料は葬儀などで経を読んでもらうための対価のことですが、僧侶に渡すお布施は感謝の気持ちなので正式にはこのような言い方はしません。

戒名料

読経料同様に僧侶に渡すお布施は感謝の気持ちなので正式にはこのような言い方はしませんが、一般的に戒名を授けていただいたことに対する対価として僧侶に渡すお布施のことを指します。宗派やランクなどによって金額が異なりますが、10~100万円程度が必要となります。

ご膳料

僧侶が会食に参加しない場合に渡す食事代のことです。僧侶が会食に出席する場合は渡す必要のないものです。地域により5000円~10000円程度とされています。

お車代

僧侶が移動した際にかかった交通費のことです。遠方で宿泊が伴う場合は宿泊費を負担することもあります。地域により5000円~10000円程度とされています。

まとめ

おおまかな地域別の傾向などは本記事で解説してきましたが、寺院単位で考え方が異なることも多いので直接聞いてみることをお勧めいたます。どうしても不安な場合は定額制の僧侶手配サービスを利用しても構わないですが、依頼する僧侶を選べなかったりすることが多いので、僧侶との付き合いが葬儀だけなのか、今後も継続するのかなども考慮して選んでください。

この記事は『葬儀に関連した費用と内容』に関する記事です

葬儀ノートの記事・機能一覧