無宗教のお葬式の流れと内容

この記事は『その他の葬儀・散骨の費用と内容』に関する記事です

これだけは押さえておきたいポイント!
  • 無宗教のお葬式の内容は自由に決めていいが、よく行われる内容や流れは存在する
  • 費用は通常の葬儀と比較すると祭壇や宗教用具がいらないため安くすることも可能

現代の日本では、特に都心部を中心に様々な理由からお寺との関りが薄れてきており、無宗教の人が増えてきています。そのため、葬儀においてもかつては仏式が一般的でしたが、宗教色のない葬儀を希望する人が増加傾向にあります。そこで本記事では、無宗教の場合の葬儀の内容や流れ、費用などについて解説しています。

無宗教の葬儀とは

仏教に限らず宗教に則って葬儀を行うということは決められた流れや作法が存在しているということですが、無宗教はそういった決まりごとが一切ないため自由に内容を決めて構いません。ただ、一から全てのセレモニーを決めることは困難ですし、参列する人も混乱するため一般的には日本人になじみの深い仏式に近い構成になる場合が多くなっています。

無宗教の葬儀の内容

無宗教の葬儀は、特にこれをしなければいけないという内容はありませんが、よくある演出としてはスライドショーを用いて故人との思い出を振り返る、故人が好きな曲を流す、または献花を行う、といったものが挙げられます。こういった演出を得意とした葬儀社もいますのでホームページなどで対応しているか確認してから相談しましょう。

無宗教の流れ

前述した通り決まった内容はないので、こうしなければいけないという流れもないのですが、一例としては、参列者の入場から始まり、全員が着席したところで開式し、その後、黙祷をするといった流れは定番です。黙祷後はスライドショーや曲を流すといったようなことを行っていきます。最後に、参列者と故人とのお別れの時間を設け、献花などを行ったら閉式となり、火葬場に移動し火葬を行います。

無宗教の葬儀の費用

通常の葬儀と比べると宗教用具や祭壇、僧侶へのお布施などの費用を節約することができる一方で、スライドショーや演奏などを取り入れると費用がかかります。葬儀会場使用料や火葬場使用料、食事などの費用は通常の葬儀と変わりませんので、共通する費用にプラスして演出などにどれくらい費用をかけるか決めましょう。

無宗教の葬儀を行った場合の供養

仏式の場合は葬儀の際に読経などを依頼した寺院の墓地に入ることが一般的ですが、無宗教の場合は選択肢が若干異なります。最近は無宗教であっても受け入れる寺院や墓地も増えていますが、場合によっては檀家以外の納骨を受け付けていないところもあります。墓地以外の選択肢としては納骨堂などが挙げられますが、手元に置いておくという選択肢もあります。ただし、遺骨の埋葬に関しては法律で制限されており、勝手に埋めることはできませんので、その点は注意してください。

この記事は『その他の葬儀・散骨の費用と内容』に関する記事です

その他の葬儀・散骨の費用と内容の人気記事一覧

宇宙葬の費用と内容、流れ
この記事は宇宙葬の費用と内容について解説しています。日本ではまだまだ認知の低い宇宙葬ですが日本でも取り扱う企業が増えてきています。
公開日:2018/04/26更新日:2018/04/28
この記事を見る
自宅で葬儀を行う際(自宅葬)の費用と内容、流れ
故人の意向や葬儀会場ではなく自宅で親しい人とだけ葬儀をしたいという方の中には自宅での葬儀が選択肢に入っている場合もあるかと思います。しかし、実際に自宅で葬儀を行う場合は色々と制約や注意点が発生する場合もあります。そこで、本記事では自宅葬の内容や注意点などについてまとめています。
公開日:2018/05/14更新日:2018/05/14
この記事を見る
海洋散骨の費用と内容、流れ
この記事は海洋散骨について解説しています。海洋散骨は日本全国に加えて、ハワイなども選ぶことができ、費用の目安は一番安い代理プランで5万円、最も高い貸切プランで25万円程度となっています。
公開日:2018/04/10更新日:2018/04/28
この記事を見る
樹木葬の費用と内容、流れ
この記事は樹木葬について解説しています。樹木葬は自然に近い形で埋葬出来ることや後継者が不要なことなどから注目されています。費用も通常の供養方法より安価である場合が多いことも選ばれている理由です。
公開日:2018/04/15更新日:2018/04/28
この記事を見る
葬儀ノートの記事・機能一覧