喪主の決め方と役割

この記事は『葬儀のマナーと基礎知識』に関する記事です

これだけは押さえておきたいポイント!
  • 喪主は配偶者が務めることが多いが、故人の子供や両親、兄弟がなる場合もある
  • 喪主は葬儀の打ち合わせや参列者への挨拶など、やるべきことが多い
  • 喪主に年齢制限はないので未成年の子供でもなれる

家族が亡くなった場合、遺族が喪主を務めることになります。ただ喪主を務めなければならないという知識はあっても、喪主とは具体的にどのようなものなのか、どのようにして決めるのかまでは知らないという人も多いものです。

本記事では、喪主はどのように決めるのか、喪主になるとどのようなことをしなければならないのかなどを解説しています。

喪主の決め方

喪主になるのは、多くの場合、故人の配偶者です。しかし、すでに配偶者を亡くしている場合もありますし、現代では未婚のまま生涯を終えるという方も珍しくはありません。そういった場合は長男、次男、長女、次女、故人の両親、故人の兄弟へと喪主が移っていきます。ただ、時代の流れとともに後継者から配偶者がなることが一般的になってきたように変化しており、法律でも特に誰が努めなければならないと決まっているわけではないので事情がある場合などは遺族であればどなたが喪主になっても構いません。

喪主の役割とやるべきこと

喪主の役割は、葬儀全体を取りまとめることです。それに加えて葬儀中の参列者への挨拶なども行わなければなりません。
また葬儀前にも、付き合いのある寺院への連絡や葬儀社の決定、さらに葬儀の内容について葬儀社と打ち合わせを行うなど、多くの役割を担っています。特に葬儀の内容を決めるための葬儀社との打合せは内容や規模にもよりますが、場合によっては数時間に及ぶ場合もあり負担が大きくなります。

喪主と施主との違い

葬儀の場面では喪主の他に施主という役割もあります。施主は、葬儀の費用を負担する方が該当し、場合によっては喪主と施主は違う場合があります。ただし、現代では一般的には喪主と施主を同じ型が担う場合が多いのであまり区別されることはなくなってきています。

喪主となる子供が未成年などの場合

配偶者の方がなんらかの事情でおらず、子供も未成年という場合がありますが喪主に年齢制限はないため子供がなることも可能です。ただし、喪主には葬儀の内容を決めたり、挨拶をしたりといった役割もあるため実際は子供がなることは困難です。そのため、故人の両親や兄弟がサポートしたり、代わりに喪主になったりすることが多くなっています。

まとめ

喪主は葬儀において重要な役割を担いますが、事前に準備を行っていない場合においては気持ちの整理がつかないまま短時間で様々なことを決め、実行していかなければならないため大変負担の重い役割となっています。可能であれば、事前にある程度の準備をしておくことをお勧めいたしますが、準備をする余裕がない場合は遠慮なく周囲の助けを借りたり、葬儀社のサポートを活用してください。

また、喪主を決めるタイミングの前後の流れも記事にまとめていますので、ぜひご参照ください。

お葬式の流れ(一般的な仏式のお葬式の場合)

この記事は『葬儀のマナーと基礎知識』に関する記事です

葬儀のマナーと基礎知識の人気記事一覧

葬儀・通夜・告別式の服装
この記事では葬儀・通夜・告別式の服装やマナーについて解説しています。喪主や親族、参列者といった立場別や男女や子供といった性別などの違いについても解説しています
公開日:2018/04/16更新日:2018/04/16
この記事を見る
お葬式の花について|供花・花輪・生花・献花の違い
この記事ではお葬式に使われる供花・花輪・生花・献花の違いや、手配方法、マナーなどについて解説しています。
公開日:2018/04/17更新日:2018/04/17
この記事を見る
戒名とは?ランクごとの相場や注意点
臨終を迎え、菩提寺のある方や仏式の葬儀を希望する場合は僧侶とのやりとりが発生しますが、この際に戒名についても相談することになります。本記事では戒名の意味や宗派ごとの違い、相場、注意点などについて解説しています。
公開日:2018/05/08更新日:2018/05/08
この記事を見る
いい葬儀社の選び方
この記事では、高齢な親族の体調が思わしくなく「そろそろかもしれない」と思って葬儀の準備をはじめている方や実際にいざという時が来て葬儀社を選ばなければならない方に向けて、葬儀社の選び方のポイントについてまとめています。
公開日:2018/05/04更新日:2018/05/04
この記事を見る
葬儀ノートの記事・機能一覧