香典袋の書き方と包み方

この記事は『葬儀のマナーと基礎知識』に関する記事です

これだけは押さえておきたいポイント!
  • お金の入れる向きはそれほど気にしなくても良いが、お札を複数枚入れる場合は向きを揃える
  • 中包みに金額は通常の漢数字ではなく「壱」や「参」を使い、上包みには「ご霊前」などの言葉を書く
  • 香典袋はそのまま持参せず、ふくさに包んで持参し、渡すときはふくさから出す

参列者として葬儀に出席することになると香典の準備が必要になります。香典を包む香典袋には作法があり、お金の向きや包み方、渡し方などが決まっています。本記事では、そんな香典の包み方に解説しています。

また関連記事の「香典の相場(金額)や包み方のマナー・注意点」も参考にしてください。

香典袋に入れるお金の向き

香典を包む封筒は、中包みと上包みの二重になっています。お金は中包みに入れてから、中包みを上包みで包みます。中包みにお金を入れる際の向きは、お札の人物がかかれている面を表とした場合、中包みの表面側にお札の裏面が来るようにします。ただし、最近ではあまり気にされなくなってきているので出来れば気を付けるくらいで構いませんが、お札が複数枚になった時は全てのお札の向きを揃えるくらいはしておいた方が印象が良くなります。

中包みと上包みの糊付け

香典は現金を入れるので封をした方がいいと思う方もいるかもしれませんが、現金を確認する遺族側からするといちいち封を開ける手間が大変なので糊付けがない方が楽なので歓迎されます。また、香典袋には水引が付いているため現金が落ちてしまうということもありません。

香典袋の包み方と注意点

香典袋の中包みにはつつんだきんがくを記載する必要がありますが、一般的な漢数字ではなく、たとえば「一」なら「壱」、「三」なら「参」といった漢字を使うようにします。金額を記載したら中包みを上包みの中心に置き、上包みの左側、右側の順でかぶせます。その後、上、下の順でかぶせて、水引で止めれば完成です。

上包みには「御霊前」や「御香典」といった言葉も書かなくてはなりません。これは宗派によって使うべき言葉が異なりますが、「ご霊前」は宗派を問わずに使えるので、迷ったら「ご霊前」を使っておくと無難です。

香典を渡す際の心遣い

香典は葬儀場についたら受付があるので、そこで渡します。この時、「この度は誠にご愁傷さまでございます」や「心からお悔やみ申し上げます」「ご冥福をお祈りいたします」といった言葉を伝えるようにします。

また香典はふくさに包んで持参しますが、渡す時にはふくさから出します。出し方も相手に正面が向くようにして差し出します。

香典のふくさでの包み方

ふくさとは香典などを持ち運ぶ際に使う布で、色は紫や緑、灰色などがあります。香典をそのまま裸で持ち歩くことは避けるのがマナーなので、ふくさなどで包みます。

ふくさの包み方は、ふくさの角が上下左右にくるように置き、その中心より少し右寄りに香典を置き、右側を香典の右端に合わせて折ります。次に下、上の順で折りたたみます。最後に左側を折り、はみ出た角を裏側に折り返すと完成です。

この記事は『葬儀のマナーと基礎知識』に関する記事です

葬儀のマナーと基礎知識の人気記事一覧

お葬式の花について|供花・花輪・生花・献花の違い
この記事ではお葬式に使われる供花・花輪・生花・献花の違いや、手配方法、マナーなどについて解説しています。
公開日:2018/04/17更新日:2018/04/17
この記事を見る
喪主の決め方と役割
この記事では喪主はどのように決めるのか、喪主になるとどのようなことをしなければならないのかなどを解説しています。
公開日:2018/04/23更新日:2018/05/04
この記事を見る
葬儀・通夜・告別式の服装
この記事では葬儀・通夜・告別式の服装やマナーについて解説しています。喪主や親族、参列者といった立場別や男女や子供といった性別などの違いについても解説しています
公開日:2018/04/16更新日:2018/04/16
この記事を見る
戒名とは?ランクごとの相場や注意点
臨終を迎え、菩提寺のある方や仏式の葬儀を希望する場合は僧侶とのやりとりが発生しますが、この際に戒名についても相談することになります。本記事では戒名の意味や宗派ごとの違い、相場、注意点などについて解説しています。
公開日:2018/05/08更新日:2018/05/08
この記事を見る
葬儀ノートの記事・機能一覧