香典の相場(金額)や包み方のマナー・注意点

この記事は『葬儀のマナーと基礎知識』に関する記事です

これだけは押さえておきたいポイント!
  • 香典は故人との関係や年齢によって相場が決まっているが、近しい人ほど金額が高くなる
  • 封筒は決まったものがあるので専用のものを買う
  • 枚数や金額には避けるべき数字がある

葬儀の香典は年齢や立場で包むべき金額が変わってくるため正確に把握している方は少ないと思いますが、実は相場があります。本記事では年齢や立場による金額の違いや包み方、注意点などについて解説しています

故人との関係別で変わる香典の金額

立場や年齢で変わる香典の金額を一覧にしたので該当する項目を参考にしてください。
基本的には近しい人ほど包む金額が高くなります。また恩師や近所の人に対する香典の相場に幅があるのは、どれくらい付き合いが深かったかにもよるからです。長期間お世話になった人であれば多めに包みましょう。ただし極端に多くしてしまうと遺族に気を使わせてしまうので避けましょう。

職場の上司・同僚・部下が亡くなった場合

年代 相場
20代 5,000円
30代 5,000円〜10,000円
40代以上 10,000円〜

友人の場合

年代 相場
20代 5,000円
30代 5,000円〜10,000円
40代以上 5,000円〜10,000円

恩師や近所の人の場合

年代 相場
20代 3,000円
30代 3,000円〜10,000円
40代以上 3,000円〜10,000円

祖父母が亡くなった場合

年代 相場
20代 10,000円
30代 10,000円〜30,000円
40代以上 30,000円〜50,000円

両親、義理の親が亡くなった場合

年代 相場
20代 30,000円〜100,000円
30代 100,000円
40代以上 100,000円~

兄弟、姉妹、義理の兄弟、義理の姉妹が亡くなった場合

年代 相場
20代 30,000円〜50,000円
30代 50,000円
40代以上 50,000円

おじさん、おばさんが亡くなった場合

年代 相場
20代 10,000円
30代 10,000円〜20,000円
40代以上 10,000円〜30,000円

その他の親戚の場合

年代 相場
20代 3,000円〜10,000円
30代 3,000円〜20,000円
40代以上 3,000円〜30,000円

香典を包む際の注意点

封筒に関する注意点

封筒は水引が黒と白のものが一般的ですが、中には銀や紫、黄色と白といったパターンのものもあり、このような配色の封筒を選んでも問題ありません。また香典を包む封筒の水引はほどけない結びきりという形になっており、不幸ごとを繰り返さないという意味があります。

封筒につつむ金額や紙幣の注意点

相場の金額は守りつつ紙幣の枚数は偶数にならないようにして、死や苦しみを連想させる4や9は避けてください。
また、以前は紙幣がきれいな場合は紙幣を一度折って、折り目を付けてから包む方が良いとされていましたが、最近はそれほど重視されていません。

香典の金額が少なくなってしまった場合の注意点

葬儀は予定できるものではないので曜日やタイミングによっては現金が手元にないことがありますが、どうしても相場よりも金額が少なくなってしまった時は封筒の裏に香典返しを辞退する旨を書いておきましょう。

この記事は『葬儀のマナーと基礎知識』に関する記事です

葬儀のマナーと基礎知識の人気記事一覧

お葬式の花について|供花・花輪・生花・献花の違い
この記事ではお葬式に使われる供花・花輪・生花・献花の違いや、手配方法、マナーなどについて解説しています。
公開日:2018/04/17更新日:2018/04/17
この記事を見る
喪主の決め方と役割
この記事では喪主はどのように決めるのか、喪主になるとどのようなことをしなければならないのかなどを解説しています。
公開日:2018/04/23更新日:2018/05/04
この記事を見る
葬儀・通夜・告別式の服装
この記事では葬儀・通夜・告別式の服装やマナーについて解説しています。喪主や親族、参列者といった立場別や男女や子供といった性別などの違いについても解説しています
公開日:2018/04/16更新日:2018/04/16
この記事を見る
戒名とは?ランクごとの相場や注意点
臨終を迎え、菩提寺のある方や仏式の葬儀を希望する場合は僧侶とのやりとりが発生しますが、この際に戒名についても相談することになります。本記事では戒名の意味や宗派ごとの違い、相場、注意点などについて解説しています。
公開日:2018/05/08更新日:2018/05/08
この記事を見る
葬儀ノートの記事・機能一覧