葬儀の費用と内容

葬儀の費用の全国平均は日本消費者協会が2014年に発表した調査によると約122万円(飲食費やお布施を含めると189万円)となっています。長期的には葬儀の規模は縮小傾向にあるため平均費用は低下傾向にありますが、地域によってその傾向は異なります。

形式による葬儀費用や内容の違い

葬儀の費用に影響する要素として形式の違いがあります。一般的には葬儀は通夜・告別式・火葬を2日間にわたって執り行われます(関連記事:一般的な葬儀の流れ)が、身内だけで行う家族葬や、通夜を省略した一日葬、通夜と告別式を行わない直葬や火葬式とよばれる形式も最近は増加傾向にあります。

一般的な葬儀の費用と内容

家族葬の費用と内容

一日葬の費用と内容

直葬・火葬式の費用と内容

葬儀の費用と内容のカテゴリ一覧

葬儀の費用と内容の新着記事

18件中 1件~10件を表示しています
葬儀保険(少額短期保険)の仕組みとメリット・デメリット
一般的に葬儀は安くても10万円以上の費用がかかりますが、その時期ははっきりしないことが多く、費用への備えがなかなかできません。そこで、事前に葬儀の出費に備えたいというニーズに対応するために保険を使った仕組みがあります。本記事では、葬儀の保険について解説します。
公開日:2018/05/28更新日:2018/05/28
この記事を見る
葬儀費用の事前払い(葬儀信託・生前契約)
葬儀費用の事前支払いには一定のニーズがあります。しかし、事前支払いの方法によっては大きなリスクを伴うため注意が必要です。本記事では葬儀費用の事前支払いの選択肢と注意点について解説しています。
公開日:2018/05/22更新日:2018/05/22
この記事を見る
葬儀における互助会の仕組みとメリット・デメリット
日本人の多くが加入している互助会ですが、解約や支払いについてのトラブルも少なくない数が発生しています。互助会の特徴やメリット・デメリットをきちんと把握すれば避けられるものばかりなので、本記事では互助会の特徴やメリット・デメリット、注意点などを解説しています。
公開日:2018/05/18更新日:2018/05/18
この記事を見る
キリスト教葬儀の費用と内容、流れ、参列する場合のマナー|プロテスタント・カトリック別に解説
宗教色がだいぶ薄れてきたとはいえ日本ではまだまだ仏式葬儀が一般的ですが、キリスト教を信仰している方も少なからずいます。キリスト教ではもちろんキリスト教式の葬儀を行いますが、当然仏式と内容や流れが異なります。本記事では、このキリスト教式の葬儀の内容や流れ、費用、参列する場合のマナーなどについて解説しています。
公開日:2018/05/17更新日:2018/05/17
この記事を見る
自宅で葬儀を行う際(自宅葬)の費用と内容、流れ
故人の意向や葬儀会場ではなく自宅で親しい人とだけ葬儀をしたいという方の中には自宅での葬儀が選択肢に入っている場合もあるかと思います。しかし、実際に自宅で葬儀を行う場合は色々と制約や注意点が発生する場合もあります。そこで、本記事では自宅葬の内容や注意点などについてまとめています。
公開日:2018/05/14更新日:2018/05/14
この記事を見る
無宗教のお葬式の流れと内容
最近では都心部を中心に宗教色のない葬儀を希望する人が増加傾向にあります。そこで本記事では、無宗教の場合の葬儀の内容や流れ、費用などについて解説しています。
公開日:2018/05/10更新日:2018/05/10
この記事を見る
生活保護受給者の葬儀|制度や流れ、申請方法などを解説
生活保護の方を救済するために葬祭扶助と言って生活保護を受けている方に対して葬儀費用を補助する仕組みがあります。本記事では、その葬祭扶助の仕組みや申請方法などについて解説しています。
公開日:2018/05/10更新日:2018/05/10
この記事を見る
家族葬プランの流れと含まれている内容
この記事は家族葬の流れと含まれる内容について解説しています。家族葬は一般的な葬儀と同様に通夜と告別式を行いますが参列者を親族などの近しい人のみに限定する葬儀形式です。
公開日:2018/05/03更新日:2018/05/03
この記事を見る
音楽葬の費用と内容、流れ
この記事は音楽葬の費用の相場と内容、流れについて解説しています。音楽葬を行うに当たっての注意点などにも触れているのでぜひ参考にしてください。
公開日:2018/05/02更新日:2018/05/02
この記事を見る
市民葬・区民葬の内容や利用方法
この記事では市民葬や区民葬といった自治体が提供する葬儀の内容や利用方法、注意点などについて解説しています
公開日:2018/04/26更新日:2018/04/26
この記事を見る
18件中 1件~10件を表示しています

地域別の葬儀費用の傾向

日本消費者協会のアンケートでは北海道、東北(青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島)、関東A(茨城・栃木・群馬・千葉)、関東B(埼玉・東京・神奈川)、中部A(新潟・富山・石川・福井)、中部B(山梨・長野・岐阜・静岡・愛知)、近畿(三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)、中国(鳥取・島根・岡山・広島・山口)、四国(徳島・香川・愛媛・高知)、九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)という分類で地域別の葬儀費用の平均を算出しています。

地域別の葬儀一式費用

飲食費や寺院への費用を抜いた葬儀一式費用の地域別平均は以下の通りです。傾向としては全国平均が122.2万円に対して北関東を含む関東Aと近畿、中部の費用が高く、北海道、東北、中国、四国は費用が平均よりもだいぶ安い傾向にあります。

北海道 88.2万円
東北 95.0万円
関東A 166.8万円
関東B 114.6万円
中部A 137.6万円
中部B 135.7万円
近畿 150.0万円
中国 76.4万円
四国 75.5万円
九州 117.0万円

 

地域別の通夜などの飲食費

通夜などの飲食費の地域別平均は以下の通りです。傾向としては全国平均33.9万円に対して、関東A、中部A、四国が高くなっており、北海道、近畿、中国などは10万円台となっています。飲食費は参列者の数と連動して変動するので葬儀の規模と比例します。

北海道 19.4万円
東北 29.9万円
関東A 33.7万円
関東B 38.1万円
中部A 43.1万円
中部B 29.5万円
近畿 10.8万円
中国 16.2万円
四国 38.3万円
九州 29.3万円

 

地域別の寺院への費用

地域別の寺院への費用(お経、戒名、お布施)は以下の通りです。傾向としては全国平均44.6万円に対して、関東と中部Bは50万円を超える一方で、東北は唯一10万円台となっています。寺院への費用は檀家かどうかや葬儀の形式によって変動します。

北海道 30.8万円
東北 18.7万円
関東A 51.5万円
関東B 55.1万円
中部A 40.5万円
中部B 60.1万円
近畿 48.8万円
中国 32.8万円
四国 32.3万円
九州 34.2万円

 

地域別の葬儀費用の合計

葬儀一式の費用、飲食費、寺院への費用を足した葬儀費用の地域別の平均額は以下の通りです。傾向としては全国平均188.9万円に対して、関東A、中部B、近畿は200万円を超える一方で、北海道、中国、四国は比較的低い費用で収まっています。

北海道 161.7万円
東北 170.0万円
関東A 236.3万円
関東B 184.3万円
中部A 199.7万円
中部B 215.8万円
近畿 210.5万円
中国 153.6万円
四国 134.3万円
九州 194.0万円

 

葬儀ノートの記事・機能一覧