海洋散骨の費用と内容、流れ

この記事は『その他の葬儀・散骨の費用と内容』に関する記事です

これだけは押さえておきたいポイント!
  • 海洋散骨は、お墓はいらない、自然が好き、など様々なニーズから広がっている
  • 費用の目安は、一番安い代理プランで5万円、最も高い貸切プランで25万円程度
  • 可能なエリアは日本全国に加えてハワイなどでも

無宗教葬や僧侶を呼ばないお葬式が増えてきていますが、お墓に関しても同様で必ずしもお寺のお墓に埋葬する人ばかりではなくなってきました。本記事では、そんな新しい供養の形態の一つである海洋散骨の費用や内容について解説します。

海洋散骨とは

海洋散骨とは、故人の遺骨をお墓ではなく海へ撒くことで葬送する行為のことを指します。特に個人が自然を好きだった場合や、散骨を行う地域に思い出があるなどの場合に選ばれることが多くなっています。海洋散骨は海外でも行われており、日本人にとって身近なハワイなどでも可能です。

海洋散骨が可能なエリア

国内で海洋散骨が可能な代表的な地域は、北海道の函館湾、関東の東京湾・相模湾、中部地方の伊勢・三河湾や駿河湾、北陸では若狭湾、近畿では大阪湾、中国地方では瀬戸内海、九州では天草灘・鹿児島湾、その他として沖縄やハワイなどで行うことが可能です。その他にも海洋散骨が可能な地域はまだまだあるので、ご希望の地域がある場合は直接海洋散骨業者に問い合わせることをお勧めします。

海洋散骨の内容

海洋散骨には業者によって言い方は若干違いますが、貸切プラン、合同プラン、代理プランの3つの種類があります。

貸切プランは、一つの船を親族のみで貸切ってしまうプランです。費用は他のプランと比較すると高くなりますが、余計な気遣いが必要なかったり、融通が利いたりするメリットがあります。散骨の間に献花や黙とうを行ったり、帰港後にアルバムがプレゼントされたりなど独自のセレモニーを執り行う業者もいます。

合同プランは、一つの船に複数の家族が同乗して海洋散骨を行うプランです。行うことは貸し切りプランと同様ですが、複数の家族で乗り込むため貸切プランより低予算で実施が可能です。

代理プランは、海洋散骨業者に委託するプランです。専任スタッフが貸切プランや合同プランと同様の儀式を行って散骨を行いますが、実際に乗船するわけではないので費用はもっとも安くなっています。

海洋散骨の相場

貸切プランで20~25万円、合同プランで10~15万円、代理プランで5万円、という価格帯で行っている業者が多いですが、地域や乗船する人数などによっても異なりますので希望の地域で海洋散骨を行っている業者のWEBサイトなどで直接ご確認することをお勧めします。

海洋散骨でよくある疑問・注意点

  • 海洋散骨は違法なのか?

現時点では、海洋散骨を禁止する法律はありませんので違法ではありません。安心してご検討してください。

  • 散骨する遺骨の量はどの程度なのか?

故人や遺族の希望や残っている量によって異なります。全てを撒く人もいれば、一部を撒いて残りはご自宅に保管される方などもいます。

まとめ

海洋散骨は、宗教色を出したくない、海が好き、子供にお墓の維持管理費などの負担をお願いしたくないなど、様々なニーズから増加傾向にあります。また、お葬式自体は火葬のみで行ったものの、やはりお別れの儀式をしたいので海洋散骨を選んだという方もいらっしゃいます。このように新しいお別れの形式として海洋散骨は広まりつつありますので、一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

この記事は『その他の葬儀・散骨の費用と内容』に関する記事です

その他の葬儀・散骨の費用と内容の人気記事一覧

宇宙葬の費用と内容、流れ
この記事は宇宙葬の費用と内容について解説しています。日本ではまだまだ認知の低い宇宙葬ですが日本でも取り扱う企業が増えてきています。
公開日:2018/04/26更新日:2018/04/28
この記事を見る
無宗教のお葬式の流れと内容
最近では都心部を中心に宗教色のない葬儀を希望する人が増加傾向にあります。そこで本記事では、無宗教の場合の葬儀の内容や流れ、費用などについて解説しています。
公開日:2018/05/10更新日:2018/05/10
この記事を見る
自宅で葬儀を行う際(自宅葬)の費用と内容、流れ
故人の意向や葬儀会場ではなく自宅で親しい人とだけ葬儀をしたいという方の中には自宅での葬儀が選択肢に入っている場合もあるかと思います。しかし、実際に自宅で葬儀を行う場合は色々と制約や注意点が発生する場合もあります。そこで、本記事では自宅葬の内容や注意点などについてまとめています。
公開日:2018/05/14更新日:2018/05/14
この記事を見る
樹木葬の費用と内容、流れ
この記事は樹木葬について解説しています。樹木葬は自然に近い形で埋葬出来ることや後継者が不要なことなどから注目されています。費用も通常の供養方法より安価である場合が多いことも選ばれている理由です。
公開日:2018/04/15更新日:2018/04/28
この記事を見る
葬儀ノートの記事・機能一覧