戒名とは?ランクごとの相場や注意点

この記事は『葬儀のマナーと基礎知識』に関する記事です

これだけは押さえておきたいポイント!
  • ランクごとに相場が存在する
  • 菩提寺以外の寺院に戒名を依頼するとトラブルの元
  • 定額制のサービスも存在する

臨終を迎え、菩提寺のある方や仏式の葬儀を希望する場合は僧侶とのやりとりが発生しますが、この際に戒名についても相談することになります。本記事では戒名の意味や宗派ごとの違い、相場、注意点などについて解説しています。

戒名とは

戒名とは、もともとは仏様の弟子に与えられるもので、亡くなった後に戒名を付ける理由は浄土で仏弟子として修業するためと言われています。
仏式の葬儀では白木位牌に戒名を書き込んでもらい祭壇に置きます。戒名は、通常先祖代々お世話になっている菩提寺に授けてもらうものですが、現代では菩提寺のない人も増えているので葬儀の際に読経を頼む僧侶に授けてもらうケースが増えています。

宗派ごとの違いとしては、浄土宗では「誉」、浄土真宗では男性に「釋」、女性は「釋尼」、真言宗では凡事、日蓮宗では「日」や「妙」などの文字がつくことが特徴として挙げられます。また院号というランクの高い戒名には梵字が入る場合があります。

戒名のお布施金額相場(戒名料)

戒名はもともと生前に菩提寺への貢献度に応じてつけられるものでしたので、戒名料という言い方自体に否定的な僧侶の方もいます。しかし、現実には死後に高い費用を出せばランクの高い戒名を授かることも可能で、大まかには相場も存在します。ただし、宗派や寺院ごとの考え方も大きく影響するため同じランクであっても金額が大きく異なることがあります。

戒名のランクは低い順に信士・信女(30~50万円)、居士・大姉(50~70万円)、院居士・院信女(70万円以上)、院居士・院大姉(100万円以上)となっていますが宗派によって微妙に違いがあります。最近では定額制僧侶派遣サービスが見られるようになってきていますが、このようなサービスでは戒名も定額制が敷かれており、最もランクの低い戒名で2万円程度、最高位でも20万円と従来言われてきた相場と比較すると破格の金額となっています。

戒名のお布施を渡すタイミング

葬儀のお布施と一緒に渡す場合と別にする場合がありますので檀家の方や葬儀社に相談するのが最も無難です。葬儀のお布施と同じタイミングであれば通夜の前に挨拶するタイミングかお勤めが終わった後などの場合が多いです。

戒名の注意点

安いからと言って菩提寺があるにも関わらず別の寺院や定額サービスに依頼するとトラブルの元

戒名を金額で見てしまって菩提寺があるにも関わらず別の寺院に依頼してしまうと納骨を拒否されたりしてしまいます。まずはきちんと菩提寺に相談しましょう。

お墓に一緒に入る人によって考慮すべきことがある

新たにお墓を建立する場合は自由にできますが、ご先祖様や夫婦で入る場合などは注意が必要です。一般的にはご先祖様よりもランクの高い戒名はつけることはなく、夫婦の場合はランクを揃えます。

お布施の費用が払えない時

お布施は気持ちなので本来は渡す側が金額を決めるものですが、少なすぎると僧侶からたしなめられる場合があります。ただし、経済的事情などでどうしても相場並みの金額を渡すことが困難な場合は僧侶の方にきちんと相談しましょう。

 

また、戒名を相談するタイミングの前後の流れも記事にまとめていますので、ぜひご参照ください。

お葬式の流れ(一般的な仏式のお葬式の場合)

この記事は『葬儀のマナーと基礎知識』に関する記事です

葬儀のマナーと基礎知識の人気記事一覧

お葬式の花について|供花・花輪・生花・献花の違い
この記事ではお葬式に使われる供花・花輪・生花・献花の違いや、手配方法、マナーなどについて解説しています。
公開日:2018/04/17更新日:2018/04/17
この記事を見る
喪主の決め方と役割
この記事では喪主はどのように決めるのか、喪主になるとどのようなことをしなければならないのかなどを解説しています。
公開日:2018/04/23更新日:2018/05/04
この記事を見る
葬儀・通夜・告別式の服装
この記事では葬儀・通夜・告別式の服装やマナーについて解説しています。喪主や親族、参列者といった立場別や男女や子供といった性別などの違いについても解説しています
公開日:2018/04/16更新日:2018/04/16
この記事を見る
枕経とは?依頼の仕方や注意点
臨終を迎え、遺体安置を行った後、菩提寺のある方は僧侶に依頼して遺体の枕元でお経をあげます。これを「枕経」といい、「まくらぎょう」または「まくらきょう」などと読みます。本記事では、この枕経の意味や依頼の仕方、注意点などについて解説しています。
公開日:2018/05/06更新日:2018/05/06
この記事を見る
葬儀ノートの記事・機能一覧