樹木葬の費用と内容、流れ

この記事は『その他の葬儀・散骨の費用と内容』に関する記事です

これだけは押さえておきたいポイント!
  • 樹木葬には、より自然に近い形で埋葬できる、永代供養で後継者や管理の手間が不要、といったメリットがある
  • 「墓地・埋葬に関する法律」で定められた区画にしか埋葬できない
  • 費用の相場は50万円だが、お寺・霊園の場所やプランによって5万円〜80万円までの差がある

近年は供養の方法が多様化する傾向にありますが樹木葬もその一つです。本記事では、そんな樹木葬の内容や費用について解説しています。

樹木葬とは?

樹木葬は、暮石の代わりに樹木をシンボルとしたお墓を作り遺骨を埋葬するお墓です。特に、より自然な形での埋葬を希望していた故人や、そのご家族に人気の埋葬方法です。樹木葬は基本的に永代供養なので、子どものいないご夫婦など後継がいない人にも人気となっています。

樹木葬が可能な主なエリア

樹木葬は、好きな場所でどこでもできるわけではありません。「墓地・埋葬等に関する法律」に基づいて許可を得た区画のみに作ることができます。ほとんどの場合その区画はお寺や霊園に併設されていることが多いので、希望するお寺や霊園があれば直接尋ねてみることをお勧めします。樹木葬が可能な寺院を紹介しているWEbサイトなどを見ると大半の都道府県で樹木葬が可能となっています。

樹木葬の種類や埋葬方法

樹木葬は、シンボルツリーと呼ばれる1本の樹木の周りに遺骨を埋葬するというスタイルがほとんどです。樹木の種類はさまざまで、サクラ、紅葉、ハナミズキ、ツツジなどがあります。また樹木ではなく花や芝生などで彩られるガーデン風スタイルもあります。

埋葬方法もいくつかあり、遺骨をそのまま土に埋葬する方法、粘土や和紙などで作られた骨壷に入れて埋葬する方法、などがあります。いずれも1本のシンボルツリーに対して複数の遺骨を埋葬するのが基本です。区画が限られている樹木葬では、このように他人の遺骨と埋葬する「合祀(ごうし)」や「共同埋葬」と呼ばれるタイプが一般的です。

樹木葬の相場

暮石の埋葬がトータルで200万円近くかかるのに対して、樹木葬の相場は50万円ほどとかなり低く抑えることができます。幅は安いものでは5万円、高いものでも80万円程度です。この費用の差は、お寺・霊園の永代供養料、永代使用料(埋葬する場所)の地価、銘板(名前を刻む板)の有無、年間維持費の有無、などの違いによって生じます。

樹木葬のよくある疑問

  • 樹木や芝生の管理は自分でする必要がありますか?

基本的に必要ありません。墓所の管理者や関係団体が清掃や手入れをしてくれます。

  • 宗旨や宗派に制限はありますか?

樹木葬は宗旨や宗派を問わず利用できます。親族や他人との違いに捉われる必要がないので、選びやすいと言えます。

まとめ

樹木葬は、法律によって埋葬できる場所が厳格に定められているので、勝手に公園や墓地などに埋葬しないように注意しましょう。また費用をできるだけ安く抑えたい人は、いくつかのお寺・霊園に問い合わせて比較してみるのが良い方法です。
より自然に近い形で故人を埋葬する樹木葬。一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

この記事は『その他の葬儀・散骨の費用と内容』に関する記事です

その他の葬儀・散骨の費用と内容の人気記事一覧

宇宙葬の費用と内容、流れ
この記事は宇宙葬の費用と内容について解説しています。日本ではまだまだ認知の低い宇宙葬ですが日本でも取り扱う企業が増えてきています。
公開日:2018/04/26更新日:2018/04/28
この記事を見る
無宗教のお葬式の流れと内容
最近では都心部を中心に宗教色のない葬儀を希望する人が増加傾向にあります。そこで本記事では、無宗教の場合の葬儀の内容や流れ、費用などについて解説しています。
公開日:2018/05/10更新日:2018/05/10
この記事を見る
自宅で葬儀を行う際(自宅葬)の費用と内容、流れ
故人の意向や葬儀会場ではなく自宅で親しい人とだけ葬儀をしたいという方の中には自宅での葬儀が選択肢に入っている場合もあるかと思います。しかし、実際に自宅で葬儀を行う場合は色々と制約や注意点が発生する場合もあります。そこで、本記事では自宅葬の内容や注意点などについてまとめています。
公開日:2018/05/14更新日:2018/05/14
この記事を見る
キリスト教葬儀の費用と内容、流れ、参列する場合のマナー|プロテスタント・カトリック別に解説
宗教色がだいぶ薄れてきたとはいえ日本ではまだまだ仏式葬儀が一般的ですが、キリスト教を信仰している方も少なからずいます。キリスト教ではもちろんキリスト教式の葬儀を行いますが、当然仏式と内容や流れが異なります。本記事では、このキリスト教式の葬儀の内容や流れ、費用、参列する場合のマナーなどについて解説しています。
公開日:2018/05/17更新日:2018/05/17
この記事を見る
葬儀ノートの記事・機能一覧