自宅で葬儀を行う際(自宅葬)の費用と内容、流れ

この記事は『その他の葬儀・散骨の費用と内容』に関する記事です

これだけは押さえておきたいポイント!
  • 故人が済んでいた場所で葬儀をしたい方が選んでいる
  • 費用は葬儀会場を使用しない分安くなることもある
  • 現代の住宅事情ではスペースの確保が難しく、自宅葬が向かない場合も多い

故人の意向や葬儀会場ではなく自宅で親しい人とだけ葬儀をしたいという方の中には自宅での葬儀が選択肢に入っている場合もあるかと思います。しかし、実際に自宅で葬儀を行う場合は色々と制約や注意点が発生する場合もあります。そこで、本記事では自宅葬の内容や注意点などについてまとめています。

自宅葬とは

文字通り葬儀会場ではなく自宅で行う葬儀を自宅葬と言います。まだ間取りが広く、平屋が一般的だったころは自宅での葬儀も多かったですが、現代の住宅は手狭なため葬儀に向かないことが増えており、葬儀会場で葬儀を行うことが一般的になっています。一般的には布団と枕飾りを置くために6畳ほどのスペースがあれば葬儀は可能とされていますが、人数などによって変動します。

自宅葬は、長年一緒に住んだ自宅で見送りたい、身内だけで小規模に見送りたい方は自宅葬を選ぶ傾向にあります。また、内容は一般的なお葬式と同様に通夜と告別式を行ってから火葬を行うことも可能です。

自宅葬のメリット

時間を気にする必要がない

葬儀会場では、開館や閉館の時間に合わせる必要があり、他の葬儀での使用状況などが影響します。しかし、自宅葬ではそういった制約がありません。

親しい方が集まりやすい

親族や近所の方にとっても慣れ親しんだ場所での葬儀なので足を運びやすいことが挙げられます。また、故人の方との思い出のある場所なので昔話をしやすいことも自宅葬の良い点です。

葬儀式場ならではのルールがない

会場ならではのルール制限がないので、ご遺族様、故人のご意向に沿った流れや形で式をとりおこなうことが出来ます。自宅葬であれば手料理をふるまうといったこともできます。

自宅葬の内容と流れ、費用

自宅葬では全て自分たちで行うことも可能ですが、遺体の搬送やドライアイスや仏具の手配、各種の手続きを全て行うことは現実的ではないので葬儀社へ依頼することをお勧めいたします。

基本的な流れは通常の葬儀と変わりません(参考記事:一般的なお葬式の流れ)が、安置場所に葬儀会場が使えなかったりする点が異なります。費用に関しては葬儀会場を使用しない分安くなる場合もありますが、葬儀社のプランによっては自宅葬で行っても費用が安くならない場合もあるため事前に確認するようにしましょう。

自宅葬の注意点

自宅葬では以下の注意点がありますので希望する方は必ず確認してください。自宅なのでスペースが限定されるため、呼ぶ人数などによっては葬儀会場を借りた方が負担が少なくなる場合もあります。

  • 式の準備を行うためにタンスなどの家財道具を移動する必要がある
  • 料理などの参列者を迎える準備を自宅で行う必要がある
  • マンションなど集合住宅では近隣の配慮が必要なことに加えて、エレベーターや共有
  • 部分に棺が通ることのできる十分なスペースがあるか確認が必要
  • 霊柩車やバスの駐車スペースを確保しなければならない

この記事は『その他の葬儀・散骨の費用と内容』に関する記事です

その他の葬儀・散骨の費用と内容の人気記事一覧

宇宙葬の費用と内容、流れ
この記事は宇宙葬の費用と内容について解説しています。日本ではまだまだ認知の低い宇宙葬ですが日本でも取り扱う企業が増えてきています。
公開日:2018/04/26更新日:2018/04/28
この記事を見る
無宗教のお葬式の流れと内容
最近では都心部を中心に宗教色のない葬儀を希望する人が増加傾向にあります。そこで本記事では、無宗教の場合の葬儀の内容や流れ、費用などについて解説しています。
公開日:2018/05/10更新日:2018/05/10
この記事を見る
海洋散骨の費用と内容、流れ
この記事は海洋散骨について解説しています。海洋散骨は日本全国に加えて、ハワイなども選ぶことができ、費用の目安は一番安い代理プランで5万円、最も高い貸切プランで25万円程度となっています。
公開日:2018/04/10更新日:2018/04/28
この記事を見る
樹木葬の費用と内容、流れ
この記事は樹木葬について解説しています。樹木葬は自然に近い形で埋葬出来ることや後継者が不要なことなどから注目されています。費用も通常の供養方法より安価である場合が多いことも選ばれている理由です。
公開日:2018/04/15更新日:2018/04/28
この記事を見る
葬儀ノートの記事・機能一覧