お葬式の流れ(一般的なお葬式の場合)

この記事は『一般的なお葬式の費用と内容』に関する記事です

これだけは押さえておきたいポイント!
  • 当日は精神的、時間的に余裕がないので葬儀の検討は事前に行いましょう
  • 遺体搬送後に出された見積もりが高くても搬送費用の実費精算は可能なことが多い
  • 内容さえ決めれば後は葬儀社がサポートしてくれる

大切な人がなくなる瞬間に備えて準備をしている方はあまりいません。加えて、大半の人が初めての経験になるので、なにを、どの順番でやればいいのかということを熟知している方もあまりいません。本記事では、万が一の時に備えて、一般的な仏式の葬儀の流れを解説いたします。

危篤から葬儀終了までの流れ

危篤、臨終直後の対応~遺体搬送

臨終を迎えた際の対応は自宅か病院によって若干異なります。
危篤を告げられた時の対応は別途記事にしているのでことらもご参照ください。

【自宅の場合】
自宅で亡くなった場合はすぐにかかりつけの主治医に連絡をしてください。自宅に呼んだあと、死亡確認をしてもらい、死亡診断書を発行してもらいます。病院が休みや診察時間外の場合は最寄りの警察署に連絡をします。

また、昨日まで元気で兆候がなかったのに朝起きたら布団の中で息を引き取っていた場合や自死など予測ができない亡くなり方をした場合は医師への連絡ではなく、まっさきに警察へ連絡します。警察は現場の状況を確認した後に、警察の霊安所に搬送し、監察医によって事件性がないか確認された後に死体検案書が発行されます。

【病院の場合】
現代では大半の方が病院で臨終を迎えることになりますので、この後の流れも基本的には病院で亡くなったことを想定しています。病状が悪化して意識が亡くなった段階で医師から危篤と診断を受け、その後臨終を迎えるとすぐに看護師による清拭や遺体処置がはじまります。処置や死に化粧などはだいたい1時間程度で終わります。

医師が死亡を確認すると死亡診断書が出されます。死亡診断書は、死後の諸手続きに必要な書類なので、名前、住所、生年月日などに間違いがないか確認し、もし間違いがあるのであればその場ですぐに訂正してもらいましょう。

死亡診断書を受け取ると病院側から葬儀社に連絡するように言われるので、事前に決まっているのであれば葬儀社に搬送と遺体の安置を依頼します。決まっていない場合は病院からの紹介から選ぶか自分たちで探すことになりますが、一定の時刻までに搬送するように病院から指示される場合もあり、限られた時間の中で葬儀社探しを強いられることがあります。

この時点で葬儀を依頼する葬儀社が決まっていない場合は、無理して全てを決めなくても大丈夫です。とりあえず病院から自宅など遺体を安置する場所への搬送を依頼するだけに留めて、安置後にゆっくりと決めても構いません。ただし葬儀を依頼しなかった場合は搬送費が高くなったりするケースもあるので、葬儀社に電話した際に「とりあえず遺体搬送だけの依頼でもいいか?」、「遺体搬送だけの料金はいくらか?」といったことは確認しましょう。ちなみに一般的な遺体の搬送費用は距離などで変動しますが3万円程度です。

関連記事

危篤とは?危篤を告げられた時にすること喪主の決め方と役割いい葬儀社の選び方葬儀の費用の全国平均と地域別平均

葬儀社へ連絡すると1時間ほどで病院まで迎えに来てくれます。遺体の搬送や安置は葬儀社が全てやってくれるので、自分たちはお世話になった医師や看護師への挨拶をしたり、忘れ物がないか確認をしましょう。

この時点では、まだ葬儀を依頼する葬儀社が決まっていない場合は、担当者の言葉遣いや身だしなみ、説明の仕方などの対応をチェックしておきましょう。また、費用の妥当性を確認するためにも見積もりはいくつかの葬儀社から取り寄せて比較することをお勧めします。

安置~打合せ

ご遺体の安置場所(自宅か施設など)を決めると遺体が搬送されるので、安置が完了すると葬儀社との打合せを自宅で行うことになります。セットプランがある場合はオプションをどうするかなどを決めて終わりますが、オーダーメイドの場合は葬儀の形式や祭壇の花の量など様々な項目ごとに決める必要があります。

また、このタイミングで菩提寺など付き合いのある寺院がある場合は連絡を行いましょう。自宅で安置した場合は「枕経」という読経を行ってもらいます。もし、付き合いのある寺院がない場合は葬儀社に相談すると紹介してもらえる場合があります。仏式の葬儀の場合葬儀の際に使用する白木位牌に書く戒名の相談もこのタイミングで行います。

打合せで葬儀場所や日時、金額などが決まり、安置が終わると納棺を行います。そして葬儀前日、通夜式を執り行い、翌日に葬儀と告別式を行います。

打合せの際はできるだけ複数の葬儀社から相見積もりをとって比較をすることをお勧めします。

関連記事

自宅で遺体を安置するやり方と注意点枕経とは?依頼の仕方や注意点戒名とは?ランクごとの相場や注意点お葬式の日程を決めるポイントお葬式の打合せをするときの4つのポイントと注意点

通夜~葬儀

通夜は、元々故人に付きそうことでしたが、最近では葬儀前日に儀式として行うようになりました。現代では、葬儀に参加できないという故人の知人や友人が故人との別れを行う機会になっています。

通夜の翌日の午前中に葬儀、告別式を行います。葬儀と告別式は別のものですが、式中は同時に行われます。喪主になる場合は、式中に挨拶をしなくてはなりませんが、こちらも葬儀社に相談すると例文などを出してもらえます。また、本来は個人が亡くなってから7日後に行う初七日も親族が集まりにくいなどの理由で、葬儀の中で式中初七日が執り行われる場合が増えてきています。

火葬

葬儀が終わると火葬になるのですが、火葬をするために火葬許可書が必要になります。火葬許可証の手配は葬儀社が基本的には代行してくれます。この火葬許可証は火葬が終わった後に埋葬許可書として返却されます。埋葬許可書は遺体を埋葬する際に必要な書類となるため大切に保管しましょう。火葬が終わると葬儀に関する内容は終了となるため帰宅となります。

まとめ

日本人は、まだ健在な時から葬儀やお金のことを避ける傾向にありますが、精神的に余裕がない中で当日に全てを決めることは最後のお別れに集中することが出来ないといったことや、終わってから費用や内容に納得できないといったことに繋がりますので事前に葬儀社の選定やプランの決定を行っておくことをお勧めします。

この記事は『一般的なお葬式の費用と内容』に関する記事です

葬儀ノートの記事・機能一覧