葬儀保険(少額短期保険)の仕組みとメリット・デメリット

この記事は『葬儀費用に関する制度や仕組み』に関する記事です

これだけは押さえておきたいポイント!
  • 葬儀保険は比較的誰でも加入しやすい
  • ただし、小規模な企業が扱っているためリスクもある

一般的に葬儀は安くても10万円以上の費用がかかりますが、その時期ははっきりしないことが多く、費用への備えがなかなかできません。そこで、事前に葬儀の出費に備えたいというニーズに対応するために保険を使った仕組みがあります。本記事では、葬儀の保険について解説します。

葬儀保険とは

葬儀保険は葬儀の費用を補填(ほてん)することに特化した保険です。生命保険や入院保険と違い「少額短期保険」と呼ばれ、少額かつ短期で加入できるという特徴があります。こうした特徴から、「ミニ保険」とも呼ばれています。特徴としては加入の際には通常の保険では必要な医師の診断が不要であったり、高齢でも契約できるものがあったりするので基本的には誰でも加入できるものになっています。

葬儀保険の費用

葬儀保険の費用は以下の2パターンが存在します。葬儀の見積もりを取るなどしておおよその費用感をつかんだうえで自分に合ったタイプを選択しましょう
保険金の額は変わらないが加齢に伴って保険料が上がる。
月々の保険料は変わらないがもらえる保険金が加齢に伴って減る

葬儀保険のメリット・デメリット

メリット

一般的な保険に比べて高齢でも加入出来たり過去の傷病歴が問われなかったりと加入の制限が緩い。
葬儀の費用支払いに対応するために保険料の支払いが早い

デメリット

葬儀保険は取り扱う企業の規模は一般的に小さく、通常の保険と比べると破綻リスクが高いことが挙げられます。少額短期保険の取扱いは資本金1000万円以上必要ですが、生命保険や入院保険を扱うためには10億円以上が必要となり、資本力が大きく異なります。また葬儀保険は、大手の保険会社が加入する保険契約者保護機構(保険契約者を守るための組織)の補償対象には該当しないため、通常の保険と比べると保証の度合いが弱いということが挙げられます。

葬儀保険の加入と請求の流れ

加入の流れ

電話もしくはインターネットから葬儀保険会社に問い合わせる
葬儀保険会社が査定を行う(ほとんどの場合、「告知」のみ)
査定通過後、契約に関する同意書や指定の本人確認書類などの必要書類を葬儀保険会社に郵送する
葬儀保険会社が書類確認後、自宅に保険証券が郵送されたら加入完了です

請求の流れ

契約時に指定された受取人が、葬儀保険会社に連絡し指定の請求書をもらう
送られてきた請求書(1週間程度)に必要事項を記入し返送する
請求書の審査通過後に保険金が支払われる(原則、翌営業日)
支払いの明細書が受取人に届いたら完了です

この記事は『葬儀費用に関する制度や仕組み』に関する記事です

葬儀費用に関する制度や仕組みの人気記事一覧

葬儀の補助・給付制度を活用する方法|葬祭費・埋葬費・埋葬料
この記事では高額になりがちな葬儀費用を補助してくれる制度について解説しています。加入していた保険の種類によってもらえる補助金が異なります。
公開日:2018/04/26更新日:2018/04/26
この記事を見る
葬儀費用の事前払い(葬儀信託・生前契約)
葬儀費用の事前支払いには一定のニーズがあります。しかし、事前支払いの方法によっては大きなリスクを伴うため注意が必要です。本記事では葬儀費用の事前支払いの選択肢と注意点について解説しています。
公開日:2018/05/22更新日:2018/05/22
この記事を見る
生活保護受給者の葬儀|制度や流れ、申請方法などを解説
生活保護の方を救済するために葬祭扶助と言って生活保護を受けている方に対して葬儀費用を補助する仕組みがあります。本記事では、その葬祭扶助の仕組みや申請方法などについて解説しています。
公開日:2018/05/10更新日:2018/05/10
この記事を見る
市民葬・区民葬の内容や利用方法
この記事では市民葬や区民葬といった自治体が提供する葬儀の内容や利用方法、注意点などについて解説しています
公開日:2018/04/26更新日:2018/04/26
この記事を見る
葬儀ノートの記事・機能一覧