お葬式の花について|供花・花輪・生花・献花の違い

この記事は『葬儀のマナーと基礎知識』に関する記事です

これだけは押さえておきたいポイント!
  • 枕花:亡くなった故人の枕元に飾る花で、特に親しい方々が故人へ贈るもの
  • 供花:故人の供養の為にお供えする花で、故人へ贈る感謝やお悔やみの気持ちとして葬儀場に備える生花。お供え物と同じように祭壇にお供えする。
  • 花輪:供花と同じく故人を偲んで飾られる花で主に葬儀会場の表(入口など)に置かれる大きな花の輪。式場によっては飾る事が出来ない場合がある。
  • 献花:ご焼香の代わりに参列者が祭壇にお花を捧げる。主にキリスト教や無宗教の葬儀で行われる。

葬儀で使われる花にはいくつかの種類があります。本記事では、そういった花の種類や手配の方法、マナーについて解説いたします。

葬儀の時に用いる「お花」の種類は主に4種類

枕花(まくらばな)

故人がお亡くなりになってすぐに枕元へ飾る花です。故人と血縁関係にある方、もしくは特に親しかった友人などが贈ります。葬儀の始まりから終わりまでずっと故人に寄り添う花なので、故人が好きだった「色」や「お花」でアレンジするのがよいと思います。1対(二基)で使用するので1対で贈りましょう。

供花(きょうか・または・くげ)

故人への御冥福を祈る想いを生花に込めてお供えする花です。親族を始め、親交のあった方々が故人へ送る最後の贈り物と言われています。お供え物と同じように祭壇に並べてお供えします。

主に「菊の花」や「デンファレ」、「ユリ」、「胡蝶蘭」を使用します。また生花ではなく造花(ブリザードフラワーと言います)を使用する式場もありますので、どのような「お花」を贈ればいいのかは式場に御確認ください。

花輪

葬儀場の周辺(入口など)に飾る大きな「花の輪」です。式場によっては敷地の大きさや周辺住人の方への配慮などにより飾る事が出来ない場合があります。なので、贈ってもよいのか事前に式場に確認をとる事をお勧めします。

また地域によって使用される大きさやデザインが異なる為、贈られる際もどのような形のものをお贈りすればよいのか確認する必要があります。

献花

葬儀でご霊前、もしくは神前の前に花を供える事を言います。仏式で言う「ご焼香」の代わりに参列者が祭壇にお花を供えます。キリスト教などの式で行われます。

献花に使用される「花」は「カーネーション」や「菊」が主流ですが、故人のお好きな「色」や「花」を扱う式も増えてきています。また、この「献花」には作法があります。

献花の作法

献花の流れは以下の通りです。

  1. 祭壇前に立ち、遺族に対して一礼します。
  2. 「花(花びら)」が右を向くように「花」を受け取ります。
  3. 受け取ったら、再び遺族に一礼します。
  4. 両手で「花」を祭壇に捧げます(左手で花を持ち、右手を添えます)。
  5. 一歩下がって故人へ一礼して終了です。

花の手配の方法と流れ

花の手配には以下の3種類があります

  1. 「生花店」に電話をして注文する方法
  2. 「ネット」から注文する方法
  3. 「葬儀社」に頼む方法。

一番確実で安心かつ簡単なのはAの「葬儀社」に頼むことです。「葬儀社」は「葬儀場の雰囲気」、「式の流れ」、「使用できる花の種類」など、全てを把握しています。トラブルを避けるためにも「葬儀社」へ依頼することをお勧めします。

ちなみに「葬儀社」へ依頼する流れとしては「葬儀場」へ連絡。式の日程や喪家の名を伝えて担当の「葬儀社」を教えてもらう。そして「葬儀社」に連絡し、「お花」を頼む形になります。

自分で選ぶこともできます

もちろん、ご自身で「お花」を選んでも問題ありません。ですが、その際は「葬儀社」に必ず確認してください(他の生花店に頼んでも問題がないか。贈りたい花の種類を伝えるなど)。

また、ご自身で贈られる場合は「時間」も考える必要があります。御通夜に贈りたいのであれば、遅くても当日の午前中までに配達の依頼をしてください。ただ、急な対応が出来ない「生花店」もありますので、出来れば前日に依頼する方がいいでしょう。

名札のマナー

葬儀に参列すると、供花に名前の書かれた札を目にしますよね。あれは札名と言って誰がお花を贈ったのかわかるようにしているのです。故人を偲ぶ為に札名は大切なもの。そんな札名にも書き方やマナーがあります。

子供や兄弟、親族が贈る場合

親族が贈る場合は「兄弟一同」、「従妹一同」などと「一同」をつけます。子供の場合は右から「長男」「次男」と年齢順に記します。

会社や同僚などの場合

故人が勤めていた会社、または同僚たちが贈る場合は、正式名称で会社名を入れましょう。会社の名前が長い場合などは(株)にしても問題ありません。部署名などで贈る場合は、その部署名の後に「一同」をつけます。また連名の場合は肩書が上の人間の名を右から記します。

連名の場合は3名以下が基本となります。それ以上になる場合は「一同」として贈る形がいいでしょう。

また札名は供花1基に対して1枚つけるのですが、葬儀会場や式場の都合などにより、名前が書かれた芳名板を一か所に飾る場合があります。葬儀会場の入り口に飾られます。

御礼のマナー

葬儀に参列いただいた皆様には感謝を込めて「会葬礼状(お礼状)」と共に「返礼品」をお渡しいたします。

参列できずに供花や弔電をお贈りただいた皆様には「お礼状」をお贈りします。いただいた金額の3分の1ほどのお品を添える場合もありますし、香典返しの品を上質なものに変更する場合もあります。

香典返し

「香典返し」とは「忌明け(四十九日)」が終了したのちに法要が終わった報告を兼ねたお礼の事です。なので、本来ならば「忌明け」の後に贈る形なのですが、最近では「出来るだけ早く済ませたい」「手間をかけたくない」などの考え方から、当日に「香典返し」を行う形が主流となっています。

まとめ

「お花の種類」や「手配の仕方」、「マナー」など色々ご紹介してきましたが、本当に大事なのは故人への感謝の気持ちです。細かな点は葬儀社や生花店が相談に乗ってくれますので遠慮せず聞いてみてください。

この記事は『葬儀のマナーと基礎知識』に関する記事です

葬儀のマナーと基礎知識の人気記事一覧

喪主の決め方と役割
この記事では喪主はどのように決めるのか、喪主になるとどのようなことをしなければならないのかなどを解説しています。
公開日:2018/04/23更新日:2018/05/04
この記事を見る
葬儀・通夜・告別式の服装
この記事では葬儀・通夜・告別式の服装やマナーについて解説しています。喪主や親族、参列者といった立場別や男女や子供といった性別などの違いについても解説しています
公開日:2018/04/16更新日:2018/04/16
この記事を見る
戒名とは?ランクごとの相場や注意点
臨終を迎え、菩提寺のある方や仏式の葬儀を希望する場合は僧侶とのやりとりが発生しますが、この際に戒名についても相談することになります。本記事では戒名の意味や宗派ごとの違い、相場、注意点などについて解説しています。
公開日:2018/05/08更新日:2018/05/08
この記事を見る
いい葬儀社の選び方
この記事では、高齢な親族の体調が思わしくなく「そろそろかもしれない」と思って葬儀の準備をはじめている方や実際にいざという時が来て葬儀社を選ばなければならない方に向けて、葬儀社の選び方のポイントについてまとめています。
公開日:2018/05/04更新日:2018/05/04
この記事を見る
葬儀ノートの記事・機能一覧