葬儀・通夜・告別式の服装

この記事は『葬儀のマナーと基礎知識』に関する記事です

これだけは押さえておきたいポイント!
  • 遺族、親族ともに、仮通夜では地味な平服で問題なし。現在では、通夜からは略礼装が基本
  • 参列者は通夜にはダークスーツでも問題なし。葬儀や告別式は略礼装が無難
  • 小物の基本はダークトーン。数珠やふくさを忘れずに。子どもは制服で問題なし

故人との大切なお別れの儀式には、遺族、親族、参列者ともにきちんとした服装のマナーが求められます。とはいえ、いざとなると慌ただしさでついつい忘れがちになってしまうものです。そこで本記事では、葬儀の服装のマナーについて解説します。

仮通夜での服装

男女とも正式喪服か略式喪服(略礼装)を着用するのが基本です。しかし、いかにも準備をして待っていたという印象を与えてしまうことや、そもそも身内だけの執り行いであることから、現在では、地味な平服であれば遺族、親族ともに問題ないとされています。

通夜、葬儀、告別式の場合 

遺族と親族は、故人の三親等までは正式喪服を着用するのが基本です。男性はモーニングか黒紋付き羽織袴を、女性は通夜で洋装を、葬儀と告別式で和装を着用します。しかし、昨今では簡略化し男女ともすべてを洋式の略礼装で済ませることが多くなっています。
一方の参列者は、通夜に急いで駆けつける場合ではブラックスーツでなくても構いません。濃紺やダークグレーのスーツ、ワンピースを中心に、ネクタイやストッキングには黒や地味な色を合わせてください。葬儀や告別式では、男女ともに略礼装が基本です。

男性の略礼装

ブラックスーツが基本です。年代問わずダブルブレストでなくても構いません。パンツの裾はシングルで、白ワイシャツに無地のブラックタイを着用します。華美な時計、カフスボタン、ネクタイピンは外します。靴下も黒無地を選びましょう。革靴は内羽根のストレートチップかプレーントゥ、モンクストラップを選択してください。

女性の略礼装

黒のワンピースかスーツが基本です。できるだけ肌を露出しない袖丈、スカート丈を選びます。靴は飾りのない無光沢のパンプスを選んでください。バッグも同様、金属の留め具がない無光沢のものを合わせます。結婚指輪やパールのネックレスのほかは、アクセサリーは極力外します。髪形やメイクもシンプルにして、マニキュアや香水は使ってはいけません。

小物やその他の品について

仏教式の葬儀の場合、数珠は必ず用意します。ご自身の宗派用で構いません。不祝儀袋を包むふくさは紫を基本に寒色系を使用します。ハンカチは白か黒の無地の物を選び、コートや帽子、手袋、傘も黒かダーク色を中心にします。革や毛皮はNGです。

子どもの服装

大人と同様、仮通夜は地味な洋服にします。通夜からは学校の制服を着用します。制服のない学校や未就学児童の場合には、ダーク色のブレザー、パンツ、スカート、ワンピースに白いワイシャツを合わせます。靴下は黒か白、グレーなどを選び、靴はローファーや地味なスニーカーで問題ありません。乳児の場合は白やグレー、淡いブルー、ベージュといった色のベビー服を着せます。

まとめと注意点

現在はこのような服装が一般的となっていますが、地域や宗派によっては正しいとされる服装が大きく異なる場合もありますのでお気をつけください。
仮通夜を含め平服可であっても、あくまでモノトーンや寒色系の地味なものが限度です。間違っても赤やオレンジといった暖色系統はワンポイントであっても控えましょう。

この記事は『葬儀のマナーと基礎知識』に関する記事です

葬儀のマナーと基礎知識の人気記事一覧

お葬式の花について|供花・花輪・生花・献花の違い
この記事ではお葬式に使われる供花・花輪・生花・献花の違いや、手配方法、マナーなどについて解説しています。
公開日:2018/04/17更新日:2018/04/17
この記事を見る
喪主の決め方と役割
この記事では喪主はどのように決めるのか、喪主になるとどのようなことをしなければならないのかなどを解説しています。
公開日:2018/04/23更新日:2018/05/04
この記事を見る
戒名とは?ランクごとの相場や注意点
臨終を迎え、菩提寺のある方や仏式の葬儀を希望する場合は僧侶とのやりとりが発生しますが、この際に戒名についても相談することになります。本記事では戒名の意味や宗派ごとの違い、相場、注意点などについて解説しています。
公開日:2018/05/08更新日:2018/05/08
この記事を見る
枕経とは?依頼の仕方や注意点
臨終を迎え、遺体安置を行った後、菩提寺のある方は僧侶に依頼して遺体の枕元でお経をあげます。これを「枕経」といい、「まくらぎょう」または「まくらきょう」などと読みます。本記事では、この枕経の意味や依頼の仕方、注意点などについて解説しています。
公開日:2018/05/06更新日:2018/05/06
この記事を見る
葬儀ノートの記事・機能一覧