キリスト教葬儀の費用と内容、流れ、参列する場合のマナー|プロテスタント・カトリック別に解説

この記事は『その他の葬儀・散骨の費用と内容』に関する記事です

これだけは押さえておきたいポイント!
  • キリスト教式葬儀にはカトリックとプロテスタントの二種類がある
  • 参列する際の服装は仏式と同様で問題ない
  • 費用は仏式の一般的な葬儀と同程度

宗教色がだいぶ薄れてきたとはいえ日本ではまだまだ仏式葬儀が一般的ですが、キリスト教を信仰している方も少なからずいます。キリスト教ではもちろんキリスト教式の葬儀を行いますが、当然仏式と内容や流れが異なります。本記事では、このキリスト教式の葬儀の内容や流れ、費用、参列する場合のマナーなどについて解説しています。

キリスト教式の葬儀とは

キリスト教式葬儀では、死は終わりではないという考え方に基づいて行われます。宗派によって解釈に違いがあり、カトリックでは葬儀は故人が神の御許に受け入れてもらうために祈るという考え方をします。一方でプロテスタントは既に神の御許に受け入れてもらうことを前提にしていて、葬儀は神への感謝を行う儀式という位置付けです。そのためプロテスタントでは死を「召天」といいます。

カトリックの葬儀の内容と流れ

臨終間際~臨終後

死期が近くなったら意識のあるうちに神父を呼び、病者の塗油という儀式を行います。臨終後は枕勤めの儀を行い、故人の安息を祈りながら聖書の朗読や聖歌斉唱、遺体へ聖水を振りかけるなどを行います。

納棺

遺体を清めてから死化粧を施し、死装束を着させます。死装束は決まったものはないので故人が好きだった衣装などを着せます。納棺の際は胸の上で手を組ませて、ロザリオを持たせます。納棺は近親者が行い、遺体の周囲は白い花で埋めます。棺に蓋をしたら十字架のついた黒い布をかぶせ、祭壇に安置します。

通夜の集い(通夜の祈り)

キリスト教には通夜を行う習慣はありませんが、日本式に合わせて通夜の集い(通夜の祈り)を行います。自宅に祭壇を作り、神父を招き、聖歌斉唱、祈り、献花などを行います。

葬儀ミサ

通夜の集いが終わると出棺の祈りを行い、棺を教会に移します。教会では仏式の葬儀に当たる葬儀ミサを行いますが、ミサは棺が教会に到着して安置するまでの間に行う「入堂式」から始まり、「言葉の典礼」「感謝の典礼」「赦祷式」の順で行っていきます。告別式を行いたい場合は葬儀終了後に教会の許可を得て遺族側の進行で行いますが、この時神父は葬儀終了と同時に退場します。

出棺から火葬

最後に故人と対面した後に、釘打ちの儀式を行い、出棺の祈り、聖書朗読、聖歌斉唱を行ってから遺族側の挨拶があり、遺族側の男性数人で棺を担ぎ出棺を行います。火葬場では火葬炉に入る前に最後の祈りを行います。神父が帯同するかどうかで若干異なりますが、聖書朗読、聖歌斉唱などを行います。骨揚げに関しては特に決まりはないので仏式に準じます。

プロテスタントの葬儀の内容と流れ

臨終間際~臨終後

危篤状態になるとカトリック同様に牧師を呼びますが、プロテスタントでは聖餐式を行います。聖餐式ではキリストの血と肉を意味するパンとぶどう酒を与えて天国に安らかに召されるように祈りを捧げます。洗礼を受けていない場合は聖餐式は行いませんが、牧師に臨終の祈りを捧げてもらい、どちらにしても家族などの臨席者は一緒に祈ります。

納棺

死に化粧を施し他後は納棺式を行います。これは死亡当日または翌日に行うもので、牧師に祈りを捧げてもらった後に近親者の手で遺体を棺に納めます。遺体の周りは白い花で埋め、ふたの上から黒い布で覆います。

前夜式

通夜に当たる前夜式は納棺式後に自宅で行います。前夜式では、開式の辞から始まり、聖歌斉唱、聖書朗読、牧師による祈り、聖書朗読、祈祷、聖歌斉唱、牧師による説教、献花、遺族の挨拶という流れで執り行われます。

葬儀・告別式

葬儀はカトリック同様に教会で行いますが、死を「召天」と言い表すなど考え方が異なります。葬儀は聖書による祈りが中心で、大まかな流れとしては開式の辞から始まり、聖書朗読、聖歌斉唱、牧師による説教、聖歌斉唱、弔辞・弔電の紹介、聖歌斉唱、オルガン演奏、遺族挨拶、献花、閉式の辞となっています。棺に関しては遺族とともに入場する場合もあれば最初から祭壇に安置している場合もあります。プロテスタントでは告別式の代わりに告別献花や黙祷をして故人とのお別れをします。

出棺から火葬

牧師による出棺の祈りが行われた後、カトリック同様に釘打ちの儀式を行い、出棺の祈り、聖書朗読、聖歌斉唱を行ってから遺族側の挨拶があり、遺族側の男性数人で棺を担ぎ出棺を行います。火葬場で再び聖歌斉唱や聖書朗読、牧師による祈祷などを行います。骨揚げは仏式と同様に行われます。

キリスト教式葬儀に参列する際の服装

仏教式に慣れた日本人は、いざキリスト教の葬儀に参列しようと思っても、どうすれば良いのかがわからないものです。特に服装は、遺族に失礼がないように気を遣う部分です。しかしキリスト教の葬儀の場合でも、服装はスーツやワンピースなど、仏教式でも使う喪服で問題ありません。

献花の準備

流れの部分で紹介したように、葬儀中は献花を行います。この献花にはマナーがあります。まず祭壇まで進み、遺族に一礼します。そして係の人から花を受け取ります。この時、花が右に来るように左手で持ち、右手は茎に添えます。そのまま献花台まで進み、一礼をして花を置きますが、茎が祭壇に向くようにしておきます。そしてその場で手を合わせて黙とうをします。終わったら再度遺族に一礼をして、自分の席に戻りましょう。

キリスト教式葬儀の会場

キリスト教の葬儀は基本的には教会ですが、プロテスタントでは葬儀会場でも可能な場合があります。ただし、カトリックでは決まりに従わなければいけないため必ず教会で行う必要があります。

キリスト教式葬儀の費用

葬儀の費用は仏式とそう変わらないと相場となっており60~100万円ほどはひつようとなります。ただし、プロテスタントの場合は会場を変更することなどが可能なので費用を抑えられる場合があります。

キリスト教式葬儀の注意点

事前に案内を必ず行う

日本人の大半は仏式以外の葬儀に出席したことがないため、キリスト教式葬儀には不慣れです。事前に必ずキリスト教式で葬儀を行うことを伝えましょう。

信者以外はキリスト教式葬儀を行うことが難しい

故人の希望だったとしても信者でなければキリスト教式葬儀を行うことは非常に難しいことです。特にカトリックは厳格な決まりがあるため信者以外は行えません。ただし、プロテスタントであれば可能性はありますので相談することは可能です。

この記事は『その他の葬儀・散骨の費用と内容』に関する記事です

その他の葬儀・散骨の費用と内容の人気記事一覧

宇宙葬の費用と内容、流れ
この記事は宇宙葬の費用と内容について解説しています。日本ではまだまだ認知の低い宇宙葬ですが日本でも取り扱う企業が増えてきています。
公開日:2018/04/26更新日:2018/04/28
この記事を見る
無宗教のお葬式の流れと内容
最近では都心部を中心に宗教色のない葬儀を希望する人が増加傾向にあります。そこで本記事では、無宗教の場合の葬儀の内容や流れ、費用などについて解説しています。
公開日:2018/05/10更新日:2018/05/10
この記事を見る
自宅で葬儀を行う際(自宅葬)の費用と内容、流れ
故人の意向や葬儀会場ではなく自宅で親しい人とだけ葬儀をしたいという方の中には自宅での葬儀が選択肢に入っている場合もあるかと思います。しかし、実際に自宅で葬儀を行う場合は色々と制約や注意点が発生する場合もあります。そこで、本記事では自宅葬の内容や注意点などについてまとめています。
公開日:2018/05/14更新日:2018/05/14
この記事を見る
海洋散骨の費用と内容、流れ
この記事は海洋散骨について解説しています。海洋散骨は日本全国に加えて、ハワイなども選ぶことができ、費用の目安は一番安い代理プランで5万円、最も高い貸切プランで25万円程度となっています。
公開日:2018/04/10更新日:2018/04/28
この記事を見る
葬儀ノートの記事・機能一覧