葬儀における喪主の挨拶のタイミングやポイント

この記事は『葬儀のマナーと基礎知識』に関する記事です

 

これだけは押さえておきたいポイント!
  • 喪主が挨拶するタイミングは一般的には4回
  • 生死を連想させる言葉や重ね言葉など、挨拶に使わない方が良い言葉がある
  • 例文よりも自分や故人の気持ちを挨拶に込めることが大切

葬儀に参列したことのある人であれば目にしたことがあると思いますが、喪主が参列者の方に対して挨拶をする場面があります。この挨拶も喪主の重要な役割のためおろそかにはできません。本記事では、喪主が挨拶をするタイミングや、各場面で押さえるべきポイントについて解説いたします。

喪主が挨拶をするタイミング

喪主が挨拶するタイミングは一般的には4回あります。タイミングとしては通夜の読経が終わった時、通夜振る舞いが始まる時、葬儀・告別式の時、精進落としの時となります。
通夜のタイミングでは参列者が焼香をしますので、それに対しての感謝の挨拶を行います。たお通夜後には、通夜振る舞いという席を設けて、参列者と故人の思い出話をします。この通夜振る舞いの前後で挨拶が必要です。

次に葬儀中に挨拶を行うタイミングがありますが、出棺前に行われることが多いです。葬儀後は精進落としのタイミングで再び挨拶をすることになります。

挨拶の内容のポイント

喪主が挨拶をするタイミングは非常に多いですが、実はこの挨拶は喪主の感謝を伝えるものではありません。あくまでも故人から参列者への感謝を喪主が代わりに伝えるものになります。故人の気持ちは亡くなってからでは知りようがないため、喪主の想像になってしまう部分もありますが、故人を良く知っている喪主だからこその挨拶をするべきです。もちろん挨拶の例文などを使って、きちんとした挨拶をすることも大切ではありますが、それ以上に参列者に気持ちを伝えることがポイントとなります。

喪主の挨拶で避けるべき言葉

喪主が行う挨拶では、使わない方が良いとされる言葉もたくさんあります。たとえば「死亡」や「生存中」といった、直接生死を連想させる言葉です。ただ葬儀ではこういった意味合いの言葉を使わざるを得ない場合もあります。そこで「死亡」は「逝去」、「生存中」は「生前」と言い換える必要があります。

また葬儀などの不幸事は繰り返したくないものです。そういったことから「ますます」や「しばしば」といった重ね言葉も使わない方が良いとされています。

妻や夫など立場の違いによる挨拶の違い

喪主の挨拶はシーンによって異なることは解説しましたが、立場によっても当然違いがあります。

夫を亡くした妻が挨拶をする場合は、一家の大黒柱とも言える存在を亡くしているため、今後の生活を見守ってもらえるような挨拶をします。妻を亡くした夫が挨拶をする場合は、1人で子育てをしていくことにもなるかもしれないため、それに対するサポートをしてもらえるような挨拶が良いでしょう。そして子供の場合は、故人に変わってお礼を言うというのが最も良い挨拶です。

どの場合においても、故人の思い出話を含めると、参列者にも想いが伝わるのではないかと思います。

まとめ

喪主が挨拶を行うタイミングはたくさんあり、シーンや立場によってポイントは異なります。ただし、すでにある例文をそのまま使うことは故人や参列者にとっても失礼にあたります。避けるべき言葉を使わなければ、ある程度は自分の気持ちを素直に挨拶に出すようにしましょう。

この記事は『葬儀のマナーと基礎知識』に関する記事です

葬儀のマナーと基礎知識の人気記事一覧

お葬式の花について|供花・花輪・生花・献花の違い
この記事ではお葬式に使われる供花・花輪・生花・献花の違いや、手配方法、マナーなどについて解説しています。
公開日:2018/04/17更新日:2018/04/17
この記事を見る
喪主の決め方と役割
この記事では喪主はどのように決めるのか、喪主になるとどのようなことをしなければならないのかなどを解説しています。
公開日:2018/04/23更新日:2018/05/04
この記事を見る
葬儀・通夜・告別式の服装
この記事では葬儀・通夜・告別式の服装やマナーについて解説しています。喪主や親族、参列者といった立場別や男女や子供といった性別などの違いについても解説しています
公開日:2018/04/16更新日:2018/04/16
この記事を見る
枕経とは?依頼の仕方や注意点
臨終を迎え、遺体安置を行った後、菩提寺のある方は僧侶に依頼して遺体の枕元でお経をあげます。これを「枕経」といい、「まくらぎょう」または「まくらきょう」などと読みます。本記事では、この枕経の意味や依頼の仕方、注意点などについて解説しています。
公開日:2018/05/06更新日:2018/05/06
この記事を見る
葬儀ノートの記事・機能一覧